化粧水はこうやって使用しよう

最近は女性だけでなく男にも化粧水を使っている人が増えてきているそうです。
男性も女性もきれいな肌を求めるのは好ましいことですが、皆さん、化粧水を効果的に使っているでしょうか。
せっかく使うのであれば、なるべく効果的に使いたいものですよね。
ここでは、化粧水の効果的な使い方について紹介しましょう。

手のひらか、コットンか、それが問題

まず最初に、化粧水をつけるときに手のひらで直接つける人とコットンに含ませてからつける人がいますよね。
どちらがいいのかというと、それぞれにメリットとデメリットがあります。

手のひらで直接つけるメリットとしては、皮膚に対するストレスが少ないことと手の温もりで毛穴が開くので化粧水が肌にしみこみやすい点があります。
コットンを使用するメリットは、ムラなく肌にしみこませやすいという点が挙げられます。

手のひらのデメリットはというとコットンと比べるとまんべんなく肌に浸透させるのが難しい点で、コットンのデメリットはパッティングの際に手のひらと比較して肌への刺激があるという点です。
コットンのデメリットはふんだんに化粧水をコットンに含ませることである程度は解決できますが、どちらを選ぶかは自分に合っているのはどっちかという点でしょう。

コットンは化粧水をひたひたにしみこませてドライになりがちな目元や口元に5分ほど置いておくと、乾燥対策として有効です。
長く置いておくとさらに効果が出るのでは、と思いがちですが、長く置き過ぎるとコットンが乾燥してしまい、せっかくしみこんだ水分をコットンが吸収するので要注意です。

ダイエットならうらら酵素がおすすめ。

化粧水は手で温めてから

次に、洗顔後すぐに化粧水をつける場合に化粧水が冷たいまま顔につける人も少なくないようですが、これはおすすめできません。
「冷たいほうが毛穴が引き締まっているからいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、毛穴が引き締まっている=毛穴が閉まって化粧水が浸透しづらくなっているのです。
だから、化粧水は一旦手の温度で温めてから顔につけるようにしましょう。
化粧水を冷蔵庫に入れている人もいますが、病院から処方されたもので冷蔵庫に入れないと品質が変わってしまうもの以外はなるべく入れないほうがいいのです。

その他、パッティングはなるべく優しく、特に目元、口元などのデリケートな部分はそっと手のひらで押さえ包み込むといった感覚で肌に行き渡らせるのがポイントです。
また、たくさんつければそれだけ効果的だろうと思っている人も少なくないかと思いますが、多くつけても効果は変わらないのでもったいないだけですよ。

美容液ならニッピコラーゲン スキンケアジェルがいいですよ。